帰ってきたヨガ日記(ヨガはしない)

高幡という人が書いています

耳からクラシック、頭からは垂れ流し

 前の記事が年初というあたりに、「ああ今年もダメだったよ」感をヒシヒシと感じることができました。こんばんは、高幡です。

 

 大体いつもそうなんです。こうやって何一つ継続することなくやっては離れ、また思い出したように戻ってやってはみるものの、それが継続するということがない人生を繰り返してきました。しっかと身につくものもなく、酒と飯にひたすらに身を浸し、そんなこんなで気づけば20代も最後。え、まじで。

 

 なんだか暗い話題のような入りになってしまったけれど、決してそんなつもりはなく、久しぶりにブログを書こうかなそういえば居酒屋の紹介とかブログにまとめておけよこのクソ配信者がなんて言われてたな、いいきっかけだしまたちょいちょいブログ書くかそうするかどうするよとりあえず開いてみるかヨガ日記、とそんな感じでした。そしていまBGMの『モルダウ』が華やかな盛り上がりに入りました。

 

 書きはじめる前に過去記事をざっと見てみたら、すでに紹介してるところも幾つかあり、内容もかぶることが多そうです。規約が変わったのか何なのか、食べログのリンク切れになってたりしているけれど。店被りなんかもあるかと思いますが、また行ったんだろうなくらいでスルーしてくれると嬉しいです。

 

 いやしかし、本当に前回から一年くらい経ってるんですね。はー。や、うーん、この。なあ。なんだ?早いな?早く感じるようになってしまったことに年齢を感じるべきなのか、早く感じるような過ごし方をしている生活を反省すべきなのか。どちらでしょうね。どちらもかもしれません。

 

 今自分の書いたパラグラフを見て笑ってしまったけれど、完全に区切りがTwitter準拠になってますね。怖いなあ、慣れって。これはこれでよろしくないところもあるでしょうし、追々長文が書けるようになれればいいなと思います。そうだ、日本語の練習も兼ねられたらいいね。いいねと思ったけれど、そこまで気を張ってやれる気もしません。久々に書くのだから、手持ちのエッセイや日記を読み返して影響をこれでもかと受けながら書いてみたいなあとなんとなく思っています。

 

 さて、そろそろ飲み屋を紹介しないと怒られる、と思ったんですがよく行く店は過去記事で紹介してました。被ってるのも含めて、改めて幾つかします。

 

西新宿の「おおの屋」さん。ここはすりおろし林檎とニンニクを使った串も絶品だけど、150円の串カツのボリュームといい味といい最高なので、油ものイケる!て人はこれイキましょう。個人的には串カツ一本とハイボールでも十分戦線を引っ張れる戦力です。焼酎ロックで小皿の刺身や串をアテにして飲む、「男の持久戦」をするのもいい。先日仕事の帰りに久しぶりに行ったら、前払い制だったのがレジを導入しての後払い制になってました。あの立ち飲み前払い制も雰囲気があって好きだったんですが、まとめて払えるのも楽でいいですね。

f:id:tkht:20151114225716j:plain

 

同じく新宿で、写真は撮っていないんですが今年何回かお世話になったのが歌舞伎町の入り口近くにある「番番」。人気店なので金曜週末は基本的に並ぶことが多いです。それと3人以上で行くのは難しいかも。カウンターしかないお店ですし、混んでいるのでなかなか大人数で入れるお店ではないです。一人、もしくは二人くらいでしみじみ飲むのがいいですね。

こちらは安価なおつまみもいいですが、とにかく酒。酒が安い。そして濃い。もう恋。愛。love。価格で言えば上の「おおの屋」さんとそれほど変わらないんですが、チューハイだろうとハイボールだろうととにかく濃いです。言い方が悪いけれど、そんじょそこらのチェーン店で頼んで出てきていたハイボールとかチューハイってほぼ炭酸だったのでは?と感じる程度には恋です。なので、逆にお酒がそれほど強くはないという人が普段の感覚で飲んでいると「あれ?なんか酔い早くねえか?」となるかもしれません。たまたま隣になった常連さんに話を聞いたら、「ここの大将さー、ちょっと顔なじみになったころにハイボール濃いめにしてー!て言ったら、8割ウイスキーにしやがったんだぜ!」と笑ってました。さすがにこれは大将との距離感含めたネタでしょうが、なんにせよThe!大衆居酒屋!安くて酔える!という雰囲気が素敵です。

 

 

 いざ書き始めてみると、楽しいところも発見もあったりして不思議な感じがするなあ。今日はこの辺でお暇しましょう。

 去年の年末の記事を見返してみたらアレやコレやと今年の抱負を述べているわ、そのうちの何個が実行できているやで、もうほんとここを爆破してしまいたい気持ちしか湧いてこないですね。一応、爆破はしないけれどもだ。

 ほんと、そういう性分なんですよもう。ああ恥ずかしい。何が恥ずかしいって、ここ以外にもああいう口だけ言って、書き散らして実行せずに放置されているインターネット遺跡や、手持ちの手帳がいくつもあるということも含めて恥ずかしい。本当に有言実行、口より手を動かす、夏休みは計画的に、行動でまず示す、そんな人への憧れをいまだに抱き続け、抱いているだけで成れないでいるのをこうやって書き散らすことで言い訳をネタのようにしてさらに言い訳を重ねるという……なんて書いてると談志師匠の枕みてえな「分析してるんだかネタにしてるんだか、本当に悔やんでるんだか」みたいなゾーンに入ってきますね。ここでやめましょう。

 

 最後に、前回の記事からの違いというと、転職活動が終わりました。

2社内定をもらい、そのうちから1社を選んで春先に入社をしました。職種は変わらずですが、条件面なんかは結構変わったなーという感じです。

それと、年内には引っ越すことになりそうです。東京に西の端から、東京のどこかへ。この辺もまたどこかで書くかもしれません。

引っ越した後の配信環境なんかもまだ確定していないので、もしかしたらここ10年近く動いていなかった身の回りの趣味の環境なども大きく変動するかもなあというところです。配信が減るかもしれないし、変わらないかもしれないし、配信が減る代わりにブログが増えたり、他の趣味が増えたりするかもしれません。どこか楽しみでもあり、慣れ親しんでいるものは楽でいいなあという思いもありますが、30歳を前にしてちょうどいいんじゃねえの?というワクワク感が大きいです。

 

 配信で言うとTRPG関連が盛り上がった一年でしたね。他の企画やゲーム配信なんかもしたいですが、これもやるやる言ってなかなか出来てない現状です。こう、隙を見てね。やれたらね。

すぐあく

年明けてもう一ヶ月終わろうとしてるなんて嘘でしょう?

 

ちょ、ちょっと待って

今年、良かったmono(SHIRI SUBOMI)

 年内に今年良かったものをまとめようまとめようと思っていたのが、結局押しに押して大晦日のもうあと数時間で新年に変わるというタイミングでやっと書き始めることになるあたり、今年一年というか人生というかを象徴してるような形になってしまいました。来年はこの辺りをもう少し上手くやれるようにしたいものですね。良いお年を。あ、書くのはまだ早いか。最後にしなきゃ。

 

 さて、今年も一年いろいろな食べたり飲んだりイベントに行ったり家でダラダラしたりゲームをしたり漫画や小説を読んだり映画を見たりhuluに入ったりhuluをやめてamazon primeに切り替えたり、盛りだくさんでした。盛りだくさんといっても特別なことをしているわけでもなく、いざ思い返してみると活動量としては極々普通かむしろ少ないくらいかと思いますが、そんな些細な思い出を振り返ってみたいと思います。

Twitterに上げたりアプリや手帳にメモしていたりするものを見返しながら書きますが、如何せんそのメモを取ることすら忘れがちor取ったものがどこかへいってしまっていることも多いので、思い返せるだけ思い返す、とてもふわっと曖昧な内容になりそうです。思い返しながらつらつらと書いていくので、整理されたランキング形式などではございません。

 

・美味しかったお店

まずは今年行って印象に残っているお店を。

えーっと、まず最初に思い出したのが新宿にある「CAFE AALIYA」。

地下にある店の扉を開けると主に女性客でいつも混んでます。制服を着た男性店員たちが皆さんビシっと決まっていて、あれがまた格好いい。

この店はなんといってもフレンチトーストが最高です。ふわふわ、では形容しきれない幸せなかたまりが出てきます。トッピングも豊富ですが、個人的にはアイスのトッピングが好きです。温かいものと冷たいものが合わさるとなんであんなに美味しいんでしょうかね。

f:id:tkht:20151121133214j:plain

 

いきなりデザートのようなものから紹介してしまったけれど、僕はお昼ごはんとして食べに行ってましたしまあいいか。次にラーメンを書くのが心苦しいけれど、いまさら戻って書き直すのも面倒だし、なによりそうこうしていると年が明けてしまいそうなのでこのままいきましょう。

次はとんこつラーメンのお店、中野と高円寺の中間あたりにある「ばりこて」。

f:id:tkht:20151116224207j:plain

純粋なとんこつラーメンでこってりしているんだけど胃が持たれるような嫌な重みはない、濃厚なのに食べ続けられそう。ストレートな豚骨の美味しさが印象的なラーメンでした。もうちょっと駅から近いと嬉しいかな。

 

ラーメンつながりで思い出してきました。

f:id:tkht:20151231221838j:plain

新宿の「ほりうち」のチャーシュー麺です。すぐ近くにある「満来」が同じような超弩級チャーシューを出す店として有名ですが、そこで修行した方の暖簾分けだとか。ラーメン自体はあっさりとした優しい醤油ラーメンでこれまた美味しいんですが、やはりインパクトはチャーシュー。とにかく大きい。大きくて固いだとか大きくて無味乾燥だったりするとそんなものはチャーシューとも言えず減点対象のただの肉塊でしかないんですが、ここのチャーシューは中までほろほろと柔らかく、また脂も多すぎず少なすぎずで飽きない味。見たとおりボリュームはお察しなので、お腹空かせていくと良いです。

 

「ほりうち」、「満来」と言えばJR八王子駅出てすぐにある「大安」も同じ系統のラーメンでしょうか。

写真持ってないので食べログURLを 

tabelog.com

甘めの醤油で、こちらも優しい味です。駅も近く値段も良心的、ボリュームもあると近くにあったら通いたくなるタイプのラーメンです。

 

肉つながりで思い出したのがこちらの唐揚げ。

f:id:tkht:20151219115218j:plain

なぜか写真が横にならないので、諦めてそのまま載せました。あげく写真の撮り方が下手でイマイチ凄さが伝わらないですね。この唐揚げ、聖蹟桜ヶ丘にある「日本亭」の唐揚げなんですが、とにかく大きい。赤ん坊の握りこぶしくらいあります。通常サイズの唐揚げと大きいサイズの唐揚げが選べるので、とりあえず初めて行く人は大きいサイズを選んでおけば良いと思います。そして思いの外大きくて個数頼みすぎたな、と後悔すればいい。肉に生姜醤油でしっかりと下味が付いている、The OKAZU!て感じの無骨な唐揚げです。

 

唐揚げの写真を見ていたら反動で甘いものが食べたくなってきました。

甘いモノといえばチョコ、チョコといえばGABAと明治のブラックというくらいその2つをローテーションしてたんですが、ちょっと奮発して食べてみたら美味しさにぶっ飛んだのが、有名すぎてなんですがジャンポールエヴァンのチョコケーキでした。

www.jph-japon.co.jp

ケーキはチョコケーキとチーズケーキ、あとはアップルパイくらいしか好きではなくく、加えてシンプルなやつが好きというなんとも楽しませがいのない味覚持ちなんですが、ジャンポールエヴァンの「グアヤキル」はパーフェクトに楽しませてくれました。勿体無くてチマチマ食べてしまった。どんなチョコを使ったらこんな美味しくなるんだろうと逡巡してみたものの、少なくとも明治のブラック板チョコとかを使ってるわけではないなというところまでしか分かりませんでした。うーん、もう一回食べたい。けど、なんかきっかけがないとなかなか手が出ませんね。

 

チーズケーキだと新宿の「BAKE」も食べました。あれ?これは去年だったかな。

tabelog.com

食べた時は全然並んでなくて、ディスプレイされていた焼きチーズケーキがあまりに美味しそうだったのでサクっと買ってさくっと食べ歩きしたんですが、今やなんだか大人気店になってるみたいですね。何かで特集でもされたんでしょうか。お値段もサイズも手頃だけど、コクのあるチーズケーキが食べられて良いです。あのこぶりなサイズが一番嬉しいかもしれない。気軽に楽しめます。

 

食べ歩きといえば、メンチカツと古事記にも書かれているようにお肉屋さんやお惣菜屋さんでメンチカツを買ってふらふらと街を散策することほど上機嫌になることもないでしょう。加えてそのメンチカツが特別美味しかったりすると、もうそれだけで一日の充実感が段違いです。

f:id:tkht:20151114124148j:plain

そんな食べ歩きメンチカツ欲を十全に満たしてくれたのが両国駅すぐ近くにあったその名も「両国メンチカツ」。まんまか。主張が強い。

店外にも店内にもとにかく「テレビで紹介されました!」という記事が全面に押されています。主張が強い。

主張が強いだけだったら辟易なんですが、それに納得せざるを得ないメンチカツがいただけます。写真の通り、粗めのパン粉がザックザクの食感でまずは口当たりを楽しませてくれます。メンチカツ独特の臭みがかなり抑えられていて、肉の甘みとあっさりした脂でかなり食べやすいです。御飯のおかずに!というよりも、単品で食べるのにぴったりな味付けだなーと思いながら、ふらふらと食べ歩きしてました。

 

メンチカツを見てたら口がおつまみを欲してきたなあ。

お酒、お酒行きましょう。居酒屋さんですね。

f:id:tkht:20151114225716j:plain

以前にも日記に書いた、新宿西口の「おおのや」さん。

串が基本80円に串かつ150円、ハイボールも290円とかだったかな?立ち飲みですが、とにかく安い。串かつのボリュームがすごいので、これだけで一生ハイボールいけます。

 

今年一番行った居酒屋は吉祥寺の「いせや」さんでした。たぶん。

写真が無いので食べログを。

tabelog.com

まあ安い。焼酎をロックで250円。串が一本80円。焼売も名物ですが、僕はもっぱら焼酎と串のみです。カシラがとんでもなくヘビィなカシラで、脂身脂身アンド脂身というインパクトある代物なので初めて頼むときはとりあえず一本にしておいたほうがいいかもしれません。好きな人はハマる。

 

 

ここまで書いてみて、思いの外思い出せるなーと感心してます。というか、書けば書くほど連鎖的に思い出すものですね。楽しい。

 

が、そろそろお時間が迫ってきているのでとりあえずここで一区切りにしたいと思います。あーもうだから12月の早いうちに書いておけばよかったんだと、年の最後に反省点を抱えてしまうオチ。来年への課題です。

 

他にも今年印象に残っているものを箇条書きで。

ふとした時に個別に書くかもしれません。

 

・書き漏らしたお店

東京ラーメンタワー

親子丼のとく一

新宿のインドカレー

 

・映画

MADMAX・・・個人的今年ベスト。さっきもBlu-rayで見納めをしました。

KINGS MAN

ガールズアンドパンツァー

ベイマックス

ジョンウィック

悪魔のいけにえ

13日の金曜日

 

・ゲーム

ボードゲームを始めた

TRPGを始めた

モンハンを始めた

配信でゲームを完結できていない

ロマサガ2をいつ完結させるのか

 

・イベント

画鬼暁斎

風景画の誕生展

オランダ風景画展

 

・漫画

ゴールデンカムイ・・・今年ベスト。表情フェチにはたまらない

ULTRAMAN

プリニウス

よつばと!

薄暮のクロニクル

残酷な神が支配する

ラブやん

放課後さいころ倶楽部

魔法陣グルグル

孤独のグルメ

火の鳥

オーバーロード

まおゆう

ニンジャスレイヤー

機動戦士ガンダム The origin

ダンジョン飯

 

・小説

太陽の簒奪者

玩具修理者

虐殺器官

四畳半神話大系

半七捕物帳

楽園 戦略拠点32093

夜歩く

タイタンの妖女

 

 

宅飲みしたときのお酒やらおつまみも記録しておけばよかったかな。来年は美味しかったものは記録しておきます。

 

本題より前振りのほうが長いなんとも尻すぼみな日記になってしまいましたが、一応年内に書くという体裁だけは出来たので許してくれい!ということで、年内にやらなきゃなと思っていたことが終えられて一人すっきりしています。

 

転職活動が長引いたり配信環境が安定しなかったりとリアルも配信も順風満帆とは程遠い一年でしたが、これにて厄落とし一区切り万々歳としておいて、来年また気持ち新たにやっていきます。

よろしければお付き合いの程をお願い致します。

 

それでは、良いお年を。

 

 

 

睡眠時間と眠気、暇さと眠気

 どれくらい寝れば日中の眠気に負けないのか、人によって違いますが、僕の場合はだいたい6時間以上寝ていれば快調、8時間近く寝た時は何かキメたのではないかというくらい元気、3時間前後だとどこか体の芯の方に重さを感じるようになる、だいたいそんな感じです。

これは前日の夜に夕飯をどれくらい食べたか、お酒を飲んだかが大きく影響します。夕飯は食べない、もしくは少なく、お酒はもちろん飲まない。こうすると睡眠時間が多少少なくても次の日は快調に動けるようです。逆も然り。

 

日中に眠気が襲ってくる原因として、暇さもあります。外回りをしていたり倉庫で荷物を出し入れしていたりすれば必然身体を動かしていますし、常にやることがあるので眠気の方へ身体と意識が行くなんてまずないんですが、いかんせんデスクワークが多いので暇な時は机に座ってはいるけれど時間的には拘束されている状態になります。こうなるともう地獄で、地獄のように襲い来る地獄のような眠気との地獄めいた戦いが始まります。助けて天国。

初めのうちは、「ああ日中こんなに眠くなるなんてきっと俺はどこかおかしいんだろう」と不安に思っていたんですが、周りを見回した結果、暇そうにしている先輩及び同期はガンガン船を漕ぎいびきをかいているのを見て、「ああ人は机に座って暇だと眠くなるのだ」というアホのような結論に至り安心しました。安心したからなんだ、という話だけど。

 

 なんでこんな話になったっけ、と思えば明日はきっと暇な日になるからでした。せっかくの日中、もうちょっと頭グルングルン回せることが出来たら楽しいかもしれない、と漠然とした期待をいつかの未来に期待して、今日は寝ることにします。

ありがちなあっという間に一ヶ月空くブログ。扉開けたら辛気臭い。

 日記をつけようと思い立った時に用意したのがこのブログとiphoneのメモアプリ、それに元から使っていたほぼ日手帳と3年手帳で、このブログ以外は割り書けているんですよね。不思議だ。いや、不思議だという言葉を使って誤魔化しているだけで、単に怠惰なだけでした。

まとめブログでも他の形式でも、ブログで稼ごうってなると毎日の更新はほぼ必須なわけで、このブログを書き始めて分かったことはそれがとんでもなく手間のかかるということですね。すごい!大収穫!

ブログに限らず何かコンテンツで人気を得ようとしたら、毎日じゃなくてもいいので継続的な更新は必須のようなので、何を今更というか、分かり切ったことを再発見しただけのような気もしますが、鳥頭にも比する記憶力の持ち主なので、時折こうやって再発見してあげないと行けないんです僕は。たぶん。きっと。

 

 さて、この一ヶ月近く何をやっていたかなあというと、概ね変わったことはなく平日は仕事に行き、転職のエントリーを提出し(大抵書類落ちをして)、週末は飲みに行ったり出かけたりでもっぱら家にいない、そんな感じでした。

ゲームはあまり出来ず、11月の末に発売したモンスターハンターに手を出したくらいです。ギルティギアのsteam版が出たり、秋口のsteamセールで買ったゲーム積んでたり、そもそも配信でやっているサイレントヒルも終わってなかったり、据え置き機でもやらなきゃいけないゲームもたくさんあるけれど、なかなかどうしていけません。年内にサイレントヒルくらいやりたいけれど、どこでできるかな。

ところで、初モンスターハンターです。もっぱら風呂入ったりエアロバイク漕ぎながらちょろちょろプレイ。操虫棍を選んで最初はブシドースタイルだったんですが、緊急回避からの殴りが上手くいかないのと、初見モンスをガシガシ狩っていく中で敵モーションに慣れないと火力が出なそうなあたりで一旦ブシドーは諦めることに。エリアルスタイルで突っ込んでいくのがとても楽しいので、エリアル突貫or回避ジャンプからの殴りを繰り返して、騎乗からダウンが取れたらゲージ開放でエキスハンター、そのままエキス強化された状態でしばらくゴリ押しが今のプレイです。まだまだ敵モーションや弱点部位などを見通した動きには程遠いので、そのうちどこかで壁にぶつかるでしょう。今は村クエの☆3をぼつぼつ進めています。

あ、既に壁にぶつかっていました。村クエで「ちょっとキノコ取りに行ってこい」と言われたので、なんじゃそんなことかと意気揚々余裕こきこきで取りに行ったら、OPムービーで見た奴といきなり遭遇戦。まてまてまて。ちょっと、いや、でかい。なんだこいつでかい。イャンクック先生とか、先生と言われてた割に大したことねーなーとか余裕かましてた僕が悪かったですごめんなさい。ごめんて。ごめんってば。キノコ取りに来ただけだってば。ああもうよっしゃやってやらああああ!と突貫したら、尻尾の一撃でボッコーっと吹っ飛ばされて、挙句燃やされて、綺麗に火葬されました。何あの尻尾、一撃で体力ふっとんだんですけど。

燃えてるんだしどうせ水が弱点だろこちとらさっき水属性武器(水10)作ったんじゃい!と意気揚々と作りたてのサンドアンカーを持って再戦しに行ったら、既にいないし。えええー……うそーん。がっかりしながらキノコ集めて帰りました。

クリア後の村人のセリフからすると強い敵ではあるみたいだったけれど、負けイベントなのかどうかは不明。リベンジがいつになるか。

モンハンのプレイ日記はちょいちょい書くかもしれません。でも、画面キャプチャの方法が今のところ直撮りしかないから、文字だけになります。今時文字だけのプレイ日記って。

 

 他のゲームが手に付かないというのも、転職活動用の書類でなかなか完成しないのがあるーとか、読みかけの本が終わらないーとか、宿題のようなものが幾つか残っていて、それが澱のように頭の隅っこに溜まっていて、他のことをやるときにそれらがチラチラと気になってしまい没入して楽しめないだったりします。

こんな状態が秋口ぐらいから続いていて、じゃあさっさと片付ければいいじゃないか、というともう全くもってその通りでしかなく、そこんとこ言われると虚ろな目をして下を向きすね毛を見つめながら「そうなんですよ。そうなんですよ。そのはずなんですよ」とぶつぶつつぶやくことしか出来なくなってしまうので、ここは一つ僕も頭では分かっているというところに免じて、こう、生ぬるい目で見守っていただきたい!所存であります!

昔からの先送り癖だったり、無能な完全主義者っぷりだったり、整理して考えているときには優先順位が分かっているのにいざ行動の段になると選択ができなかったり、このあたりの悪い気質が今年は人に指摘される機会もあり、富に目立つ気づく。一旦気になりだすとますます気になるというやつで、気になったところで気になっているものがこのようなものだから、風邪のように治すわけにもいかず、余計に頭の隅っこの澱は溜まる一方だったりします。

また一方で対処法も分かり切ったもので、結局行動に移すしかないという、なんだかウロボロスというか鶏と卵というかな結論になってしまうんですが、一旦そちらのループに入れればこの類の停滞はするすると解けて動き出すというのも経験上あるので、どうにかそんな風に解けるのを期待して、いろいろと試していくしかないんですよね。

その一環として日記をつけようと思いたち、初めに書いたようにこの日記を初めアプリを使ったり手帳を意識したり、またタスクの処理を見やすくするのにポストイットを導入したりしていたのに早速その日記の間が空いているという……ooh……

いや、でもメモアプリだったりポストイットだったりは思いの外続いているので、良しとしよう。そこんところは褒めてつかわす。うむ、今後も続けるが良い。へへえ、ありがとうございます。

 

 対処法のが行動に移すこと、その行動に移すといってもいろいろな行動があるもので、その中でも即効性があって覿面に効果のあるのが運動、ひいては身体を健康にするということとのことで、健全な精神は健全な肉体に宿るの言葉そのままにどころか、健全な肉体は健全な精神を作るというものだそうです。長年の飲酒不摂生によってズタボロの肉袋と化した身体ですが、そちらを良くすれば気持ちも楽になるなんて言われれば寄る年波への心配も合わせこれはやるしかなかろうよ、と何百度目かの決意をしたところでもあります。幸い、モンハンやりながらエアロバイク漕ぐのがわりと楽しめているので、しばらくはそんなところから。コレが続いて負荷上げたりしていけると、それはもう万々歳ってもんです。

節制といば食事も外すことが出来ません。出来ませんが、寄る年の瀬に来たる新年と飲み会が続くこの季節、飲み会をきっちり抑える精神力は残念ながら持ち合わせていない(断言)ので、他の部分で今より少し抑えるところからになりましょう。

美味しいものは美味しいから仕方ない。仕方ないのじゃよ……

 

 久しぶりに書いたらえらく辛気臭い話ばかりになってしまい、なんのコンテンツ性もないブログになってしまいました。前のもこんな記事だった気がするから、辛気臭いブログに解明するべきかもしれません。

書き始める前に考えていたここ最近食べたラーメンだとか美味しかった飲み屋だとか、今年出会った良かったものだとか、ガルパンの映画だとか、そんな話を一ミリもすることなくいい時間になってしまったので、今日のところはこの辺でお開きです。

 次書くときはそんな話が書けたらいいなと思います。

 

f:id:tkht:20151121150653j:plain

一月300円ちょっとの娯楽、一日は24時間、名古屋の天むす

 アマゾンのプライム会員になると動画も見れちゃう!というサービスが発表されてから、息つく暇もなくアマゾンのプライム会員になると音楽聴けちゃう!というサービスが発表されて、動画サービスについてはhuluに入会していたので「まあ、とりあえず今のままで様子見るか」程度だったんですが、そこに大量の音楽も加わったとなってしまっては、年額にして3分の1近い料金の魅力も相まって早速乗り換えてしまいました。こんばんは、高幡です。

 定額動画配信サービス、すごいですね。とりあえずなんか流すか、て選択肢が増えるのはとても楽しい。もともと目をつけていた気になる作品なんかは別の手段で見ればいいので、一月300円ちょっとで動画コンテンツも音楽も聴き放題となると、もうとりあえず入っとくかって。

 入会したアマゾンプライムから早速音楽を漁ってみて、おすすめアルバムの上位にあったNIRVANAを久しぶりに聴きながら書いています。どうでもいいけど、「ニルヴァーナ?ああ、ナーヴァナね」て言ってくる人っていましたね。

 

 PCがご臨終になり、OS再インストールによって復活してからしばらく配信をいなかったので、連休前だし今日は久々にやれたらいいなと帰宅、配信ソフトをいじって配信出来そうなところまで行った結果、サウンドデバイスのマイクジャックがご臨終で音声が乗らないというね。肩透かしも肩透かしをくらってしまい、待ち合わせをすっぽかされたような空虚さを感じていました。

大学2年の冬にustreamでの配信を初めて、だいたい6年くらい立っているわけですが、一向に配信環境が安定しません。周りの配信者さんは大概安定した環境で配信しているように見えます。不思議だ。PCって壊れるもののはずでは。

そりゃあ換気の効かない部屋で一日二箱くらいタバコを吸うのにPC内部の掃除を全然しなかったり(今は煙草吸ってません)、ごくごく稀に手がぶつかってグラスを倒してウーロンハイがPCケースに降り注いだり、そんな『誰にでも』『当たり前に起こりうる』トラブルはありましたけど、それにしてもPCトラブルが多い気がします。スペックは今後上昇しなくていいから、長期間壊れない配信用PCってあったら買ってしまうかもしれない。

 

 さて世間は三連休で幸いにも僕も三連休に入りました。月末土曜は出勤なので休日数でいったらプラマイゼロなのだけど、それでもまあ連休は嬉しいものです。バンザイ!三連休だーなんて浮かれていたらもう11月も終わりで、あっという間に12月で……あっという間に今年が終わり……うわあ!ううわああああ!!

一年の早さには驚くばかりで、今年何したっけなあと思い返すと週末はわりと出かけたりして楽しんでいるものの、平日の昼間は完全に意識を飛ばしているのか記憶が薄い。4月くらいから転職活動も始めていて、たまーに書類通過して面接までいけるので、仕事上がりに面接に行くのですが、いかんせん面接が通過出来ません。思い返せば中学生の時に受けた英検の面接でも高校入試併願校の面接でもバイトの面接でも、どれ一つ上手くいったことがなかったので、生来の面接下手です。困った。

面接って場がほら、緊張もするしなんとも言えない空気もあるし、あれだよ。その辺の喫茶店でも飲み屋でもいいから、適当にざっくばらんに話さないかい?だめかい?だめだよねそうだよねはいごめんなさいね。

焦っても仕方ないので、転職活動はコンスタントにやっていきます。28歳のうちに進展があればいいなあ、できるように頑張ろう、というところ。頑張ります。

 

f:id:tkht:20110503150720j:plain

写真は数年前に食べた名古屋「千寿」さんの天むす。

漫画などで天むすの存在は知っていたものの、正直なところ「おにぎりに海老天とかアホか。天丼でいいじゃないか、そんな食べづらい」と思っていた僕の脳みそを強烈にぶん殴ってくれた天むすです。ここの天むすを食べた後、東京で似たような天むすを見かけると値段に気圧されながらも(一つ230円とかするのよ)、もう一度あの美味しさが味わえるんじゃないかと購入するもその度にがっかりさせられる。それくらい罪な美味しさでした。もう一度食べたい。もうちょっと余裕ができたら、近場の旅行で名古屋いこうかな。写真見てたら俄然それも魅力的になってきた。

 

未だ、書くことがなかなか出てこない日記です。

森博嗣のI Say Essay Everydayシリーズとか、他のブログとか、いろいろ読み返したらもうちょっと書きやすくなるかな?どうでしょうね。やってみましょう。

 

 

帰宅してからの時流の乱れ、『火の鳥 復活編』、うどんの話

 おかしい。何故か気づくと0時を回っている。帰ってきて、こう、ちょろちょろっとしたらもう0時を回っている。たぶん、自分の部屋の中には時流の乱れのようなものがあってそれに巻き込まれているんじゃないかとしか考えられない。

 まあ、そんなはずはないんですけど。ぼうっとする時間を無くせるよう、動き回れる工夫が習慣まで持っていければ勝ちなんだろうなと、なんとかなるように少しずつ試行錯誤するしかない。

 ぼうっとするといえば、帰りの電車で読んできた『火の鳥』の「復活編」「望郷編」が凄すぎて、帰宅してしばらくぼうっとしながら気になったページを繰り返し読んでいました。「復活編」の冒頭人間が人間に見えない描写からロボットとの恋、一連の事件の後に医者にロボットにしてくれと頼んだ時の大ゴマの医者の表情、余すことなく読んでるこちらの胃がぎゅっと掴まれるような切迫さと迫力があって、読み疲れました。次はちょっと軽いものを読みたい。

f:id:tkht:20130608131236j:plain

 写真は新宿のうどん屋さん「慎」のうどんと鶏天、だったと思います。これも行ったのがだいぶ前なのでうろ覚えだけど、うどんの巻き方こんな綺麗なことしてるお店、ここくらいしかなかった気がします。

 うどん。うどんといえば、いつのまにやら関西風出汁のうどんチェーンが東京でも主流になっていて、「お昼はうどんでも食べる?」なんて会話があればそれはもうはなまるだったり丸亀製麺だったりの関西風うどんを指すのが普通になっていますね。初めてうどんチェーンを見たのは高校1年生くらいのときに八王子駅前ではなまるうどんの看板を見たのが最初だった気がします。それからあれよあれよとお店が増えて、とりあえず入ってみるかと一回入ったその時から安さと美味しさにすっかりハマり、今ではうどんといえば関西風出汁うどん一択。うーん、美味しいんだよなあうどん。

 うどん屋さんといえばトッピングも魅力的で。始めの頃はかき揚げばかりだったんですが、あるとき鶏天を食べてみたらこれがまた美味い……唐揚げともまた違う、柔らかい鶏肉が美味いじゃないかこいつ……なぜ他の店ではまず見かけないのか……

 ただこの鶏天、いまいちな店だと衣がフニフニベッタリとして食感が妙ににちゃついてしまい、クドいことがあるんですよね。アレを引いてしまうと、テンションがダダ下がりしてしまう両刃の剣。選ぶときは揚げ具合をよく見極める必要がある、なかなかにギャンブルなトッピングだと思っています。

 最近美味しかった鶏天だと、楽釜製麺所の鶏天が大きくて味が濃い目についていてとても美味しかったです。ただ、味がかなり濃い目なのでうどんにも合うんだけど、どちらかというとご飯が欲しくなってしまう美味しさだったので、食べながら「うわあ!美味しい!でもご飯ほしい!」と複雑な感情が湧き上がってきます。

 うどんの話ばかりだけど、うどん美味しいから仕方ないね。

あと、夕飯にもやしやわかめなどを煮込んで食べることが多いんですが、その時はもっぱらうどん用の出汁つゆに投入して食べてます。これも美味しい。あれ?これって出汁つゆが美味しいのでは。

 

 ご飯の話しかしてないなこのブログ。